« ねこ・ネコ・猫 | トップページ | 抹茶ソフト »

2006年5月 4日 (木)

遠距離介護 その2

以前、少し書いた遠距離介護について。

状況は何も変わってなくて、何もしていない状態のままなのだけど。

そんな中、親しい友だちから介護の大変さや、私の考えの甘いことを指摘され、

まだスタートすらしていない状態の中でかなりへこんでます。

確かに、介護を経験した人から見ればあれもしたいこれもしたいと、自分のことばかりを優先して考えている私は甘いのだと思います。

でも、私は介護をするために自分を犠牲には絶対に出来ない。

気持ちの問題なんだけどな。

たとえば、子どもがいるからあれが出来ないと思うより、子どもがいるけどこれが出来た。

そう思って子育てをしたほうが楽しいでしょう。

私は親の犠牲になって介護をしょうって思わない。

介護もしているけれど、コンサートにも行くし、自分の趣味をきちんと持っているし、仕事もしている。そんな素敵な友達が私の周りには居るので、私もそうありたいと思っているだけ。

わざわざメールをくれた友達に返事が書けなくて・・・・・。

私だって、わかってるよ。大変なことだって。

だから、そんなに大変、大変って言わないでほしいな。

夜中にちょっと愚痴ってみた。

« ねこ・ネコ・猫 | トップページ | 抹茶ソフト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私もぶた猫のママさんと同じ意見です。
どんな状況でも、なるべく楽しみながらやりたい。
だって、今、生きているこの時を無駄にしたくないですもん。いやだと思いながらすることは、体の毒にしかならない気がします。介護されているほうも、気持ちが伝わると思うので、介護する側がつらいと思えばされてる側もつらいでしょう。
介護は大変だと思いますが、頑張ってください。

ミーシャさん、
ありがとう。今生きている時間を大切にしましょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ねこ・ネコ・猫 | トップページ | 抹茶ソフト »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ