« NHK BS | トップページ | アコギなのかリッパなのか 佐倉聖の事件簿 »

2012年5月20日 (日)

怒涛の3日間

木曜日からまた福岡に行って来ました。

それまでに何度かケアマネージャーさんやヘルパーさんからお電話をいただいていてどうなっているのやら????状態。

一日目

朝、10時過ぎの新幹線に乗って(家を出たのは9時前、郵便局に寄ったりあれこれ用事を済ませて)。

小倉駅に到着したのが14時半ごろ、それから在来線とタクシーでじい様の家に到着したのは15時半。文庫本一冊しっかり完読。

ちょうど訪問していたヘルパーさんと会って、荷物を居間に置いたまま、あれこれ不足するものを買い出しに。

帰ってきて、じい様を説得してお風呂に入ってもらって(これがなかなか手ごわい)

その間に、訪問してくれたケアマネジャーさんと今後のこととこれまでのことを話し合い。

夕方、6時前にはきっちり晩御飯。

食事の後、じい様とあれこれ話しながら、1か月分の領収書やら郵便物やらごみを整理。だいたいじい様が使ったお金の確認もします。

じい様が夜中にちゃっかり一杯焼酎を飲んでいたのは見なかったことに。(お菓子の袋が開いていたり、片付けたはずのコップが出してあったり)

私はさすがに疲れて、お風呂も入らずに寝てしまったよ。

二日目

朝、7時前に起きて、ゴミだし。朝ご飯を作って、じい様が起きてくる前に私たちが使っている布団のカバーやシーツなど大量に洗濯。

月に一度しか行かないのでなかなか自分たちのものまでは洗濯できない。干す場所はいっぱいあるからね、天気のいい時にさっさと片付け。

珍しく8時前に起きてきたじい様。朝食後、病院に連れて行く前に、9時半からケアマネとヘルパーさんと私とじい様で話し合い。

『少しでも規則正しい生活に』と言うケアマネさんの思いと、『訪問時間の配分が大変』なヘルパーさんと意見の食い違いが・・・・肝心のじい様は『あれこれ勝手に決めるな』と。

『じい様の希望に沿うように私たちは考えています』と言うケアマネさん。

じい様の希望は長男夫婦(私たち)が帰ってきて、同居して自分のお世話を1から10まで思い通りにやってくれること。子供が親の面倒を看るのは当たり前だと。

私の意見は『とにかく、食事のことと、毎日誰かが訪問して安否確認をしてくれればOK』

薬の管理や、掃除や洗濯のことなどこまごまと話し合いをして一時間ほどで終了。その間もじい様のお布団カバーやシーツ着ていた服など洗濯機はフル回転。

11時過ぎにかかりつけの内科に行って、赤くなっている左腕や薬の件、褥瘡じゃないかと心配していたくるぶしなどを見てもらって、軽いので皮膚科も外科にも行く必要はないと塗り薬も出してもらいました。

私は地元の出身じゃないので、外科だ皮膚科だと言われても場所すらわからないし、じい様を内科に連れて行くだけでも一苦労なのにこれ以上の病院通いは無理。

病院の帰りに大きなスーパーにじい様を連れて行って、やっと夏の帽子を買いました。

もう何十年もかぶっていた夏の帽子は汗と日焼けで黄色く黄ばんで汚れが落ちません。去年新しいのを買おうと言ったのですが、あるからいらないと言われてしまいました。

今年もその帽子をかぶると言ったのですが、衣替えの時に間違って捨てたかもって・・・・

ユニクロのハットを買いました。おしゃれでしょう。

帰ってきてお昼ご飯を食べて、私は残りの洗濯物を干して、それからこんどはホームセンターにじい様のお布団カバーの替えや、物干し竿などを買いに行って来ました。

月に一度私が帰ったときにしか、じい様のお布団のカバーを洗濯しないので、間で一度自費でヘルパーさんに洗濯とお掃除に来ていただくことにしました。

物干し竿がさびていてシーツなどを干せないので新しく買ってきました。

西側の庭にステンレスの布団干しを出せば充分干せるのですが、短時間では乾くまで待てないので、軒下に干してもらって、翌日ヘルパーさんが訪問したときに取り込むようにしましょうと。

それから午後は大掃除。居間のこたつを上げて、炬燵敷きとお布団を片付け、リハビリの先生が来たのでじい様はリハビリ。前後してヘルパーさんが朝の続きの話会いで訪問。

掃除の打ち合わせや、替えのシーツを置き場所、電動ベッドのコンセントの位置などこまごまと説明。

その後、買い忘れがあったり、銀行に行く用事があったり。スパーで買い物をしていて晩御飯を全く考えていなかったことに、時計をみたらすでに5時半。お寿司を買ってあわてて帰り、お味噌汁を作って6時前に晩御飯。

4月の初め、じい様がお金を払った悪質な排水管高圧洗浄の件で民生委員さんにお電話して相談。

すぐに来てくれてあっちこっち確認。一応排水管の掃除はしてあったものの、ご近所にも聞いてみましょうと言うことでいつもお世話になっているお宅に聞きに行くと、そこの奥様も騙されていたことが判明。団地で何件も同じ被害にあっていて、市の広報にも団地の回覧板にも載っていたとか。

じい様は主人に、知った人で毎月来てもらっているから心配ないって言っていたのですが、毎月、2万も請求されたらいくらなんでも詐欺だよ。被害は一回でよかったけど・・・良くないか。

勝手に名前を書いてハンコを押さないようにと言ってもね。

民生委員さんにも、ご近所の方にも認知症があることは言ってあるのですが、普通に話しているだけでは認知症とはわからないと言われます。

夜は、昼間出来なかった衣替え。箪笥の中や洗面所の引き出しの中を入れ替えて整理。夏用のパジャマも出して引き出しにはラベルを張って。

タオルがないと思っていたけど、あっちこっちに置きっぱなしになっていて拾い集めて洗濯をしたら10枚以上出てきました。

9時過ぎに私はお風呂に入ってやっとほっと一息。

いろいろあって夜中に友達と電話で話して・・・・みんな介護は大変だね。私だけじゃないんだよね。

三日目

朝から水回りの掃除。4月から訪問ヘルパーの時間が短くなったので、こまごましたところの掃除が出来ていません。

炊飯器のスイッチを入れ忘れていてあわてて入れたけど、じい様が起きてくるのが遅かったので朝ご飯に間に合いました。

じい様が寝ている間に2階や廊下も掃除。

朝ご飯の後、洗濯を済ませ、炬燵布団と炬燵敷きを近くのクリーニング店に持って行き、ついでにスーパーでじい様のお昼ご飯を買ってきました。

午後からはヘルパーさんが来るので私は午前中に帰ります。

新幹線の時間があるので、時間を見ながらバタバタ。

溝掃除をしないといけないとか、家の外の道路際の草が伸びているから草ぬきをしないととついて回るじい様に半分キレ気味になりながら、シルバー人材センターに電話して、家の庭の草ぬきをお願いしました。

外回りは、帰るギリギリまで携帯でタイマーをかけて、軍手と鋏を片手に私が草抜きと溝掃除を終了。箒が壊れていたり、思っていた以上に坂道で傾斜があって、これじゃじい様じゃ危なくて無理。汗だくになってしまった。

家に入ったらじい様の姿が見当たらなくて、もしやと庭に出たら杖を片手にふらふらしながら草抜きをしていて、やれやれ。

草抜きはシルバーさんにお願いしたからと、もう一度説明。

タクシーが来て玄関に出たところでまたしてもじい様、お金がないから銀行に行って来てくれって。

家の中に入って、じい様のお財布の中にお金が入っていることを確認してもらって、やっとタクシーに。バタバタしていたので、タクシーの中でバッグの中を確認。忘れ物はなさそうでこれでやっと帰ることができました。

片道6時間の遠距離介護、本当に体力がいります。いつまで続くやら・・・・

疲れて帰ってきて昨日は台所の片づけもせず、おふろにも入らず寝てしまって。

今日は朝から主人にブチ切れてあれこれ言ったけど、どこまでわかっているのやら。

今日ぐらいはゆっくりしよう。

« NHK BS | トップページ | アコギなのかリッパなのか 佐倉聖の事件簿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« NHK BS | トップページ | アコギなのかリッパなのか 佐倉聖の事件簿 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ