« まだ残っていました | トップページ | 2泊3日の食事 »

2014年3月 9日 (日)

遠距離介護は大変

今回は、物忘れ外来の予約と、かかりつけの内科にじい様を連れて行ってお薬を貰って。

午後からは市役所に市民税の申告に行って来ました。

金曜日の朝、じい様を強制的に起こし、着替えをしてもらって、朝ご飯も食べてもらって、

早く起こしたつもりだったのに、やっぱり時間がかかって家を出たのは10時過ぎ。

病院に行くと言ったら、じい様、「もう帰ってこれないなあ」って

「どうして?」って聞いたら、「入院するから」って。

そういえば、先月も同じことを言ってた。

「どこか悪いの?」って聞いたら「いや、わからんけど入院せんといかん」って。

「たぶんじいちゃんが入院させてくれってお願いしても、こんな元気な人入院できませんって断られるよ。」と私。

「そんなことはない。」とじい様。

「病院よりデイサービスかデイステイなら泊まらせてもらえるからそっちにしたら。」と私。

「いや、そんなところには行かん。」と、どんだけ重病人になっているのやら。

病院から帰って、じい様を車からおろし、部屋まで連れて入って、私はそのまま市役所に。

市役所の会場に着いたら、受付時間が午前中は11時30分まで、昼休憩があって、午後は1時から。

お昼休憩があるとは!!交代で休憩を取ることは出来ないのかと呆れるばかり。

それでも会場はおとなしく休憩が終わるのを待っている人がかなりいました。

今回市民税の申告は2回目、担当の方に郵送は出来ませんかと聞いたら、郵送でもOKということで、今回記入したものをコピーしてもらいました。

来年は郵送にしよう。

帰ってからじい様のお昼ご飯を作り、それから廊下の物入れを片付け。

夕方、ケアマネさんと、ヘルパーの責任者さんとでこれからの打ち合わせ。

朝の時間を早くしてほしいと言うと、ヘルパーさんは時間がとかやることがいっぱいでとか・・・ハイハイ、よくわかってますが、朝が遅くて10時を過ぎて、じい様の時間はかなりおかしいのでやっぱり早いほうがと・・・・ケアマネさんも本当は8時半ぐらいがいいですよねって。

でも、結局、しばらくは遅いまま。

生活支援の金額が上がるのでどうしますかって。

ひとり暮らしだし、私達のほかにじい様を看る人はいませんから、ヘルパーさんにお願いするしかないので仕方ないです。

今訪問してくれているヘルパーさん、義母の時から来ているので、近くに義弟家族が住んでいることも良く知っています。

本来は家族の方が看るのがいいんですけどねって、毎回言われます。

近くに看てくれる親戚はありませんから、ヘルパーさんが頼りです。私達も生活があって、毎月こうやって来るだけでも大変です。と言うと。

介護は大変ですよ。とあっさり言われます。

じい様の住んでいる市は、高齢者が多くて、介護の審査も厳しいのだそうです。

« まだ残っていました | トップページ | 2泊3日の食事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« まだ残っていました | トップページ | 2泊3日の食事 »

最近のトラックバック

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ