« 浜名湖フラワーガーデン(2007) | トップページ | なんじゃもんじゃの木 »

2017年4月26日 (水)

直木賞受賞と本屋大賞

Img_2316


恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』を買って来ました。

久しぶりの単行本。

話題作なので、本屋さんにも入り口の目立つところに並んでいました。

Img_2317

文庫本カバーはたくさんあるんだけど、単行本カバーはこれともう一枚あるだけ。

文庫本はバッグに入れて持ち歩くけど、単行本は持ち歩くことがないからね。

« 浜名湖フラワーガーデン(2007) | トップページ | なんじゃもんじゃの木 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あ~。いいないいな。ネタばれにならない程度に教えてね♡
私も書店で平積みになっているのを見ました。
分厚くて大きくて、驚きました。
文庫本待ち・・・です。

今、(ずっと前におススメの)北村薫「八月の六日間」を読んでいます。
いま、p110で、まだ雪山です^^
村上海賊の娘が重かったので、木皿泉の「昨夜のかれー、明日のパン」とか、
ちょっと軽いのを読みました♪

二色 恋さん、
コメントありがとうございます。
いろいろ紛らわしくなってごめんなさいね。

わたしも文庫本になるまで待つつもりだったんですが、つい誘惑に負けてしまいました。
分厚いし、2段組みだしね。
でも、読み始めから、文章に引き込まれてます。

ちょっと頑張って、単行本カバーを作ろうとはぎれの入った缶を引っ張り出したところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜名湖フラワーガーデン(2007) | トップページ | なんじゃもんじゃの木 »

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ