« 鎌倉彫 | トップページ | 入金?預け入れ? »

2017年6月15日 (木)

文庫本カバー

本屋さんで文庫本を買うと必ずカバーをどうしますか?と聞かれる。

紙で丁寧にカバーを付けてくれるのだけど、わたしはいりませんと断ることしている。

文庫本を読んでるときに、カバーがずれたり外れたりするのが嫌。

もうずいぶん前から、自分で縫った文庫本カバーを使っている。

バッグの中に入れていても本が傷まないしね。

布の手触りも好き。

はぎれが出来たら、自分用にせっせと文庫本カバーを縫っていて、気が付いたらかなりの枚数になっていた。

Img_2902

これは自分用なので、余ったはぎれで作った物ばかり。

本好きの友達に文庫本カバーをプレゼントすることもある。

偶然知り合った本好きの方に、読んで済んだ文庫本と一緒にカバーも使ってもらえるように渡したり。


« 鎌倉彫 | トップページ | 入金?預け入れ? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鎌倉彫 | トップページ | 入金?預け入れ? »