旅行・地域

2017年9月 8日 (金)

日光に行って来ました 8

写真撮影禁止の所も多くて、残念でしたが、たっぷり4時間半歩いて

最後に、天空回廊に。

Img_3693_2

中をぐるっと見学。

馬頭観音、阿弥陀如来、千手観音も見ることが出来ました。

工事用の足場が組まれていて、階段を上って、修理の様子も見ることが出来ました。

さすがに7階まで階段を上がるとへとへと。

屋根の修理の様子も見れました。

いただいた御朱印は全部で14個。

東照宮だけ見学して帰る人も多いそうですが、なかなか来られるところではないので

じっくり見て歩きました。

1時過ぎにホテルに荷物を取りに戻って、帰路に。

途中、ガストでお昼のランチ。

夜、7時前に無事自宅に帰りつきました。

日光に行って来ました 7

二荒山神社



良縁、開運のパワースポット。

日光山輪王寺 大ゆう院 

夜叉門

南 毘陀羅(ひだら)

北 うまろきゃ 破魔矢の原点になる弓と矢を持ってる。他では見られない。

西 けんだら

東 阿跋摩羅(あばつまら)

日光に行って来ました 6

表参道

三猿


眠り猫

陽明門

五重塔

雨の中、小学生の遠足の団体や、観光客がいっぱい。

日光に行って来ました 5

日光東照宮に行ったら御朱印をいただこうと思って、御朱印帳を持って行きました。

主人が事前にネットで検索したら全部で17か所の御朱印があると。

全部は無理だろうと思っていたのですが、順番に。

ホテルの坂を下りてすぐ横にある神橋。

Img_3688_3

前日、御朱印をいただこうと思ったら、書く人がお休みということで、別の紙に書いたのならありますって。

翌日は8時に来るというので、8時半ごろもう一度行きました。

もうすでに観光客が何人も来ていました。

Img_3693

日光輪王寺 三仏堂は現在修復中、今だけ天空回廊で屋根の修理の様子を見ることが出来ます。

雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。

天空回廊は後で見学することにして、まずは日光東照宮へ。

ここまで来て、持っていたデジカメが充電切れ。

もう一つのデジカメはスーツケースの中。

主人が一眼レフのカメラを持っていたので、写真は主人にお願いして、ブログ用の写真はスマフォで撮ることに。





日光に行って来ました 4

Img_3734

朝食。


Img_3735


Img_3736


Img_3739

主人はオムレツとウインナー

Img_3737

わたしはスクランブルエッグとベーコン。

コーヒーか紅茶と、飲み物も選べてわたしたちはオレンジジュース。

コーヒーは何杯でもOK。

カップのコーヒーがなくなる前に入れに来てくれるので、さすがい3杯目はお断りしました。

Img_3742


Img_3743


Img_3745


Img_3750


Img_3751


Img_3752

朝食の後、ホテルのお庭を散歩。

チェックアウトの後、クロークに荷物を預けて、車もホテルの駐車場に置かせてもらって、やっと目的の日光東照宮へ。

とにかく広くて、全部見て回ると5時間ぐらいかかりと聞いていたので、荷物は少なくして、靴もウォーキングシューズに履き替えて。







日光に行って来ました 3

夜はホテルでゆっくりディナー。

Img_3716

オードブル


Img_3719


Img_3718


Img_3720

枝豆のポタージュ


Img_3721

スズキのパープル クラシカルなバターソース

季節の野菜添え


Img_3722

わたしは、イベリコ豚とモッツアレラのグラティネ マスタードシードのソース


Img_3723

主人は、牛フィレ肉のステーキ 赤ワインと日光舞茸の入ったソース


Img_3724

野菜サラダ


Img_3725

デザートは桃のアイスとムース


Img_3726

紅茶

今回宿泊した日光金谷ホテルは現存する日本最古の西洋式ホテルということで、

建物の中を見るのも楽しみにしていました。

Img_3717

2階のダイニングの天井


Img_3727


Img_3729

Img_3686

本館入口の回転ドア↑。




日光に行って来ました 2

Img_3652

いろは坂上りを車て、明知平へ。

霧のため、ロープウェイは運休。

Img_3661


Img_3658


Img_3665

中禅寺湖。

Img_3669

華厳の滝、霧が出ていて上からは下まで見えませんでした。

エレベーターで下まで降りて、華厳の滝の正面へ。


Img_3677


Img_3678

エレベーターがあるのもびっくり。100m下まで降りると、長いスロープと階段。

展望デッキの正面に壮大な滝が姿を現します。

帰りもいろは坂下りを通って。

上りと下りでカーブの所にいろは48文字が順番に看板がありました。

「いろはにほへと」と読みながら、次は何だっけ?と。

Img_3685

4時前に予約してあった日光金谷ホテルに到着。

チェックインを済ませ、部屋に荷物を置いて、日光の町を散策。

Img_3684

今日の宿泊の部屋は別館の一階でした。Img_3688


Img_3691


Img_3696

道路側から別館が見えてました。

Img_3699


Img_3700Img_3705

旅館かホテルかと思ったら、日光市の庁舎でした。
























日光に行って来ました 1

一泊で日光に行って来ました。

自宅から車で約5時間。日光に着いたのはお昼過ぎ。

ランチは湯葉料理で有名な恵比寿屋さんへ。

Img_3651

入口は奥にありました。

Img_3644

生引き上げ湯葉の刺身


Img_3645

揚げ巻ゆばのゆずみそ田楽


Img_3646

揚げ巻ゆばの野菜あんかけ


Img_3647

天ぷら


Img_3648

お吸い物


Img_3649

ごはん


Img_3650

豆乳プリン

おなかがいっぱいになって、次はいろは坂を通って明智平に。

2017年6月19日 (月)

武田神社と身曽岐神社 2

Img_2941


Img_2945


Img_2946

小渕沢ICを降りて、八ヶ岳星野リゾートの横を通って、身曽岐神社へ。

ゆったりとしたたたずまいで、能舞台がありました。

8月には薪能も行われるそうです。

auのCMの舞台にもなっていました。

幸福のゆず絵馬やゆずのお守りがあって、きっと『ゆず』のファンには有名な神社なんだろうね。

夕方帰りはまた来た道を高速で六郷ICまで。

高速を降りたら、国道を観光バスが前を走っていました。片道一車線で追い越し禁止。

観光バスの後を道の駅まで。観光バスも道の駅でトイレ休憩。観光バスの乗客が下りる前にトイレに。

後から長蛇の列が出来てました。

18時には自宅に到着。

Img_2954

今回も忘れずに御朱印帳を持って行きました。

Img_2955

もう一つ、小さなスケッチブックはスタンプ帳代わり。

武田神社と身曽岐神社 1

Img_2930


Img_2928


Img_2934

18日の日曜日、甲府の武田神社に行って来ました。

新東名、新清水ICからR52を通って、中部横断道路の六郷ICへ。

そこから中央道双葉SAのETC専用スマートICを出て、武田神社へ。所要時間3時間。

武田家の躑躅ヶ崎館跡に建てられた神社。

夏越の祓いの輪くぐりがあって、きちんとくぐってきました。

午後、もう一か所、身曽岐神社に行こうと双葉SAのETC専用スマートICから入ったのはいいけど、間違えて東京方面行の上り車線。

双葉SAでお昼ご飯を食べた後、案内所で間違えて上りに入ったので、下りに行くのにはどうしたらいいか聞いてみました。

「逆走は出来ないので上り本線で次の甲府昭和ICまで行って、料金所の手前の高速道路の事務所に駐車して、係の人の指示に従ってください。」と。「事務所には連絡しておきます」と。

係りの人の説明で、「一度ICを出て、もう一度下り車線に入りなおしてください。」と。

「料金所を出るときはETCカードを外して、一般の方から出て、次に下り車線の料金所を通るときはチケットを取らずにそのまま行って下さい。高速から出るときは清算は一般の方でETCカードを渡すと係員が機械で清算します。」と。

「車番は確認させて下さい。」と。

親切丁寧に教えていただいて、無事、下り車線で次の目的地、小渕沢ICまで。

そのまま走っていたら、双葉から甲府昭和ICの往復の料金がいったけど、今回は双葉から小渕沢までの料金でOKでした。

一応、聞いてみるもんだねと。

自分が運転しないので、小渕沢ICがどこなのか全く知らなかった私。でも以前中央道は通ったことがあったらしい。

より以前の記事一覧